アメリカ お支払いはクレジットカードで。

US アメリカ
10 /13 2016
日本特許庁に対する庁手数料の支払いは「予納」が一般的ですが、アメリカでは「クレジットカード」で納付する特許事務所が大半です。

ただし、クレジットカードからの引き落としができないと、意図せず権利が消滅してしまうおそれがあります。(クレジットカードの限度額超え、有効期限切れ)
そのため、バックアップとして予納台帳(Deposit account)を登録しておき、「不足が生じた際は予納分から自動引き落とししてください」という旨の申請をしておくことが一般的です。

電子受領書(Electronic Acknowledgement Receipt)に、支払方法が記載されていますので、現地代理人がどのような方法で支払ったのかを知ることができます。
Creditcard.png
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

SKIP事務グループ

広尾と恵比寿のまんなかにある
SK特許業務法人です。
特許事務グループのメンバーが、日々のお仕事での発見や、事務所の日常を紹介していきます。愛称はSKIP(スキップ♪)です。
よろしくお願いします。

※法改正等により、ブログの内容に古い情報が含まれている場合があります。実際の手続は、SKIPにご相談ください。

SK特許業務法人
〒150-0012
東京都渋谷区広尾3-12-40
広尾ビル4階
TEL 03-6712-6985
FAX 03-6893-1412
info@skiplaw.jp