インドネシア 特許年金の法改正

ID インドネシア
10 /31 2016
インドネシア代理人より連絡をもらいました。

2016年8月26日にインドネシア特許法が改正されました。
年金納付期限日について大きな変更がありました。以下に概要をまとめます。

●旧法
[初回年金] 出願から登録までの累積年金を登録日から1年以内に納付
[次回以降] 1年分を登録応当日までに納付

●新法
[初回年金] 出願から登録+1年分の累積年金を登録日から6ヶ月以内に納付
[次回以降] 1年分を出願応当日の1ヶ月前までに納付


注意点
・旧法下で登録された存続期間中の特許にも新法が適用されます。
・追納期間は設定されていないため、期限日までに年金が納付されない場合、権利は失効します。
・経過措置として、法改正により「未納」となる年金は2016年12月30日までに納付することが可能です。

年金期限の再計算が必要となる重要な改正なので、インドネシアで特許を取得されている方は現地代理人に問い合わせてみたほうが良さそうです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

SKIP事務グループ

広尾と恵比寿のまんなかにある
SK特許業務法人です。
特許事務グループのメンバーが、日々のお仕事での発見や、事務所の日常を紹介していきます。愛称はSKIP(スキップ♪)です。
よろしくお願いします。

※法改正等により、ブログの内容に古い情報が含まれている場合があります。実際の手続は、SKIPにご相談ください。

SK特許業務法人
〒150-0012
東京都渋谷区広尾3-12-40
広尾ビル4階
TEL 03-6712-6985
FAX 03-6893-1412
info@skiplaw.jp