アメリカ 『特許"略語"の基礎知識』

US アメリカ
01 /06 2017
米国代理人がよく使用する特許関連の略語を集めてみました。
もしかしたら、代理人によるオリジナルの略語が含まれているかもしれませんので、他の代理人には伝わらないものもあるかも……ご了承ください!


ADS (Application Data Sheet)
願書

CFR (Code of Federal Regulations)
連邦規則集
※特許規則は「連邦規則集37編
規則1.97は『37 CFR 1.97』のように表記する

CIP (Continuation-in-Part Application)
一部継続出願

EOT (Extension of Time)
期限延長

IDS (Information Disclosure Statement)
情報開示義務

MPEP (Manual of Patent Examining Procedure)
審査基準マニュアル

NOA (Notice of Allowance)
特許許可通知

NPL (Non-patent literature)
非特許文献

PAIR (Patent Application Information Retrieval)
米国出願閲覧システム
・Private PAIR その出願の代理人のみが閲覧できる
Public PAIR 誰でも閲覧できる(公開情報のみ掲載)

POA (Power of Attorney)
委任状

PDX (Priority Document Exchange)
優先権書類データの電子交換

PTA (Patent Term Adjustment)
特許存続期間の調整
※USPTOによる遅延が特許存続期間に付加される

PTE (Patent Term Extension)
特許存続期間の延長
※医薬品等の臨床試験期間に関する存続期間の延長制度

RCE (Request for Continued Examination)
継続審査請求

TD (Terminal Disclaimer)
ターミナル・ディスクレーマー 特許権の存続期間の一部放棄

TM (Trademark)
商標

USC (United States Code)
合衆国法典
※特許法は「合衆国法典第35編
特許法102条は『35 USC 102』のように表記する

USPTO (The United States Patent and Trademark Office)
米国特許商標庁 (PTOと略することもあり)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

SKIP事務グループ

広尾と恵比寿のまんなかにある
SK特許業務法人です。
特許事務グループのメンバーが、日々のお仕事での発見や、事務所の日常を紹介していきます。愛称はSKIP(スキップ♪)です。
よろしくお願いします。

※法改正等により、ブログの内容に古い情報が含まれている場合があります。実際の手続は、SKIPにご相談ください。

SK特許業務法人
〒150-0012
東京都渋谷区広尾3-12-40
広尾ビル4階
TEL 03-6712-6985
FAX 03-6893-1412
info@skiplaw.jp