納付済み年金の返還請求ができるか?

国内
09 /14 2017
出願人より相談がありました。

「4~6年分の特許料(年金)をまとめて納付した直後に、この特許権が不要になった。特許庁に納付済みの年金を返還してもらう方法はありますか?」

① 「過誤納」として返還請求できるか?
特許庁に問い合わせたところ、納付時点の特許料納付書と納付金額に誤りがないので「過誤納」にはあたらず、返還請求の対象にはならないということでした。

② では、特許権を放棄すれば5~6年分の年金は返還されるか?
出願人が自らの意思で放棄した場合は返還の対象にはならないようです。

引用
工業所有権法(産業財産権法)逐条解説〔第20版〕 特許法 368ページ
「特許権を放棄した年の翌年以後の各年分の特許料」についても返還すべきではないかという意見もあったが、自らの意思に基づいて権利を消滅せしめるものであるから返還する必要はないという理由でこの場合は返還しないこととした。


ということで、残念ながら返還する方法はないようです。
なにか良い方法をご存知の方は教えてください。

by kh
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

SKIP事務グループ

広尾と恵比寿のまんなかにある
SK特許業務法人です。
特許事務グループのメンバーが、日々のお仕事での発見や、事務所の日常を紹介していきます。愛称はSKIP(スキップ♪)です。
よろしくお願いします。

※法改正等により、ブログの内容に古い情報が含まれている場合があります。実際の手続は、SKIPにご相談ください。

SK特許業務法人
〒150-0012
東京都渋谷区広尾3-12-40
広尾ビル4階
TEL 03-6712-6985
FAX 03-6893-1412
info@skiplaw.jp