US パリ出願でアクセスコードが必要に!

US アメリカ
10 /31 2017
日本特許庁(JPO)と米国特許商標庁(USPTO)の双方から優先権書類の電子交換に関する発表がありました。2017/10/1より施行されます。(ちょっとブログ更新が遅くなりましたが、まだギリギリ10月なので大丈夫でしょう。)
まとめると、今後のパリルート出願では以下の作業が必要になりそうです。

●JPOが第一庁 → USPTOが第二庁の場合(内外)
1. JPOからアクセスコードを入手します。
尚、平成28年3月20日より、オンライン出願の場合は、受領書にアクセスコードが記載されていますので特別な手続は不要です。

2. 米国代理人へアクセスコードを連絡します。
まだ具体的なUSPTOへの提出方法が分からないのですが、おそらくADS(願書)のアクセスコード欄に記入することになると思います。出願の際に現地代理人へ確認してみたいと思います。
USPTO Notice (読みづらい・・・)

●USPTOが第一庁 → JPOが第二庁の場合(外内)
1. USPTOからアクセスコードを入手します
Filing Receiptに記載されているConfirmation Number (4桁数字)です。
⇒詳しい説明はこちら

2. JPOにアクセスコードを利用した優先権書類の取得を請求します
願書にアクセスコードを記載する方法、又は手続補正書にてアクセスコードを補充する方法があります。
⇒詳しい説明はこちら (2.日本国特許庁を第二庁としてDASを利用する場合の手続について)


by kh
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

SKIP事務グループ

広尾と恵比寿のまんなかにある
SK特許業務法人です。
特許事務グループのメンバーが、日々のお仕事での発見や、事務所の日常を紹介していきます。愛称はSKIP(スキップ♪)です。
よろしくお願いします。

※法改正等により、ブログの内容に古い情報が含まれている場合があります。実際の手続は、SKIPにご相談ください。

SK特許業務法人
〒150-0012
東京都渋谷区広尾3-12-40
広尾ビル4階
TEL 03-6712-6985
FAX 03-6893-1412
info@skiplaw.jp