アクセスコード 0ゼロなのかOオーなのか問題

国内
11 /15 2017
平成28年3月20日より、オンラインによる特許出願では、受領書にアクセスコードが記載されるようになりました。
⇒特許庁が提供する受領書のサンプル

これまで「アクセスコード付与請求書」を提出する必要がありましたが、自動的にアクセスコードを知ることができるようになったので全国の特許事務所は大助かりです。

ところで、アクセスコードはアルファベットと数字の組み合わせの4文字で構成されています。

21A0

はい、パッと見ると、1(いち)なのかI(アイ)なのか、0(ゼロ)なのかO(オー)なのか、ちょっと分かりにくかったりしないんでしょうか・・・・・・?

と思ったのですが、かつてのアクセスコード通知書にこんなことが書いてあったのを思い出しました。

・アクセスコードは、アルファベットの大文字A~Fとアラビア数字の
大文字(0~9)の組み合わせ4文字で構成されています。


ということで、アルファベットが含まれる場合は A、B、C、D、E、F の6文字ですので、間違いやすそうな文字はありませんでした。いまの受領書には、この注意書きが入っていないので、忘れないようにしたいと思います。

あと、これ見間違えの防止かなと思ったのですが、もしかしたら単純に16進数が採用されているだけなのかもしれないです。

by kh
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

SKIP事務グループ

広尾と恵比寿のまんなかにある
SK特許業務法人です。
特許事務グループのメンバーが、日々のお仕事での発見や、事務所の日常を紹介していきます。愛称はSKIP(スキップ♪)です。
よろしくお願いします。

※法改正等により、ブログの内容に古い情報が含まれている場合があります。実際の手続は、SKIPにご相談ください。

SK特許業務法人
〒150-0012
東京都渋谷区広尾3-12-40
広尾ビル4階
TEL 03-6712-6985
FAX 03-6893-1412
info@skiplaw.jp