FC2ブログ

【実用新案】 請求項の数の減少による返金はない

外内
04 /16 2018
実用新案は補正により請求項の数が減らされても、元の請求項数に基づく全額を一括納付しなければならない。
(特許庁方式審査室より)
出願時に補正後の請求項の分のみに係る手数料を支払った場合、特許庁から手続補正指令書が届くので、不足金額を支払わない限り審査段階に入らない。

★------実用新案法関連条文------★
【第三十二条】 
前条第一項の規定による第一年から第三年までの各年分の登録料は、実用新案登録出願と同時に(第十条第一項若しくは第二項の規定による出願の変更又は第十一条第一項において準用する特許法第四十四条第一項の規定による出願の分割があつた場合にあつては、その出願の変更又は出願の分割と同時に)一時に納付しなければならない。

【第二条の二】
(4の) 特許庁長官は、次に掲げる場合は、相当の期間を指定して、手続の補正をすべきことを命ずることができる。
(三) 手続について第三十二条第一項の規定により納付すべき登録料を納付しないとき。
関連記事
スポンサーサイト



ブログ村ランキングに参加しています♪
記事が役に立った、おもしろかったという方はポチっと投票いただけるとうれしいです!

コメント

非公開コメント

SKIP事務グループ

広尾と恵比寿のまんなかにある
SK特許業務法人です。
特許事務グループのメンバーが、日々のお仕事での発見や、事務所の日常を紹介していきます。
愛称はSKIP(スキップ♪)です。
よろしくお願いします。

※法改正等により、ブログの内容に古い情報が含まれている場合があります。
実際の手続は、SKIPまでご相談ください。

SK特許業務法人
〒150-0012
東京都渋谷区広尾3-12-40
広尾ビル4階
TEL 03-6712-6985
FAX 03-6893-1412
info@skiplaw.jp